エピソード1

タイトルPHOTO

18人もの覇者が存在する城

歌舞伎町で「TOP DANDY」という名を知らない人はいない。言わずと知れた日本最大のホストクラブグループ「group dandy」の中で、売上、スタッフ数、広さ、豪華さも最高のNo.1店舗だ。
どうしてここが「覇者の城」と呼ばれるのか...かつては、シャンパンコールの考案者「頼朝」や、シャンパンタワーの創始者であり「夜王」のモデルである「流星」をはじめ、ここでNo.1を獲ること自体が特別な意味を持ち、レジェンド「一条健」と「華神覇流」、いまやシンスユーグ ループ会長の「優士」と、ここは 20年間、歌舞伎町でトップとして牽引し、皆がここでのNo.1を目標とする場所だった。
そして、今も尚ここに「18人もの1000万プレイヤー」が存在するのだ。この歌舞伎町でも、現役で「18人もの1000万プレイヤー」が存在する店舗は少ない...いや、無いであろう。その覇者と呼ばれるものたちを、これほど多く誕生させることができるには理由があるはずだ。ステージがある広さ、総工費1億円を超える豪華さ、60名を超えるスタッフ数...この城には、その全てが備わっているからだ。そしてなにより、最高の空間と、最高のサービスと、最高のスタッフを求めてくるお客さまがいる。その結果ではないだろうか。

  • photo1
  • photo2

被り放題!?席数だけではないステージと売上が作れる設計 被り放題!?席数だけではないステージと売上が作れる設計

「TOP DANDY」でまず驚くのは、その店舗の広さと豪華さだ。ラウンド状になった店内は、全体を見渡せつつも、隣が気にならなくなっているのは、有名デザイナーによるものだからだ。60名を超えるスタッフ数とお客さまがいても、導線がしっかりしている。売上をあげるために考えられた設計だ。同時にお客さまがきてしまっても全く気に必要のない設備と、一流の内勤スタッフが揃っている。実力はあるのにお店のキャパで困っていたり、大箱なのに内勤スタッフの質で伸び悩むなんてことがここには一切存在しない。イベントやライブが行えるステージもあり、タワーはもちろん、バンドやダンスを披露することもできる。イベントの幅や規模が格段に違うものを企画できる空間なのだ。そしてなにより、総工費1億円を超える豪華さだ。エントランスから豪華な内装に、きっとお客さまの質もあがり、そして満足させることのできるはずだ。規模や質が上がれば、それだけ売上があがるということ...全てが、新たな1000万プレイヤーという覇者になる要素なのだ。まさにここは「覇者の城」なのだ。

  • photo1
  • photo2
  • photo3
  • photo4

その唯一無二の豪華さはドラマ、MV、アニメなどの舞台にも その唯一無二の豪華さはドラマ、MV、アニメなどの舞台にも

その豪華で唯一無二の店舗は、多くのドラマやアーティストのMVや、アニメの題材になることが多い。それだけでブランド力の違いがわかるが、印象的な造形物やカメラ映えする広がりや空間は、豪華なホストクラブとわかるイメージだからだ。流行りのLEDでクラブ感で楽しい雰囲気もよいが、やはり豪華で一線を画す上質な空間にあったお客さまがいるということがどれだけ重要なことが「覇者の城」が教えてくれるだろう。また、メディアへの露出が多いこともメリットになる。多くの新規の聖地巡礼のお客さまがご来店いただき、楽しんでいただく機会を増やす。そして、なによりロケ地になることで、自身が出演するチャンスがころがっているのだ。メディアへの露出が続くことで、さらに大きなスパイラルを生み、いまやテレビ、雑誌、Webメディアへの出演者が足りないくらいだ。このチャンスは新人にも多くまわってくるので、他店にはない大きなメリットだ。

覇者の城を体験してみる!

  • LINEで応募する
  • 電話で応募する